相続時精算課税とは何か?

 

これは比較的新しくできた制度ですが、目的は相続税と贈与税を一体化することにより、生前贈与を行ないやすくし、世代間の財産の移行をスムーズに進めることにあります。

 

この制度が利用できるのは一定の条件に当てはまる場合のみです。

 

その条件とは、

・贈与する側は満65歳以上の親であること。

・贈与を受ける側は満20歳以上の子であり推定相続人であること。

です。

 

この制度を利用した場合は、贈与税については2500万円が特別控除額、つまり非課税となります。

 

この2500万円という控除額は何回かに分けて利用することもでき、2500万円を越える部分については、一律20%の税率で課税されます。

 

この制度を利用すると相続時にはそれまでの贈与財産を加算して相続税が計算されることになります。

 

この制度を利用するには、贈与を受けた翌年の2月1日から3月15日までの間に税務署への届出を行ないます。

 

最初の贈与の時に届け出れば相続時まで継続適用され、途中から撤回したり、変更することはできません。相続手続きの必要書類についてはこちらのサイトへ